液体ミルクについての勉強会と座談会を開催しました

2020年2月27日リンクママ主催で、液体ミルクについての勉強会と座談会を開催しました。Link mamaは、コミュニティーデザイナーを務めるpiazzaアプリで、「麻生区の防災グループ」の立ち上げを提案し、日頃から防災に関する啓発に取り組んでいます。

災害時お湯も沸かせず、お水も出なくなった中で、液体ミルクの存在は心強い存在になります。普段母乳の出ているママも、災害時はストレスで母乳がでなくなることも考えられます。

株式会社明治の方をお呼びしての勉強会。保育園関係者もご参加くださり、メンバーからは活発な意見も飛び交い、有意義な会となりました。

小さな取り組みが、何かを動かす 「きっかけ」になれば幸甚です。

そして、この 「きっかけ」 とは、行政に対する働き掛けだけを目的とするものではなく、まずは各家庭での備蓄がもっとも大切です。最低1週間分、各家庭に赤ちゃんの食べ物も含めて備蓄を普段から準備したいですね。避難所に行ったからといって、食べ物が十分あるわけではありません。避難所も、家が壊れていなければ基本的には避難所には行かず、家で待機とされています。まずは、家での備え!!これが大切ですね。

備蓄したからといって、それまで一度も赤ちゃんにあたえたことがないものを災害時にはじめて与えるのはよくありません。アレルギーのお子さんもいるでしょう。その為には、何でもない時に、それが自分の子どもに合うのか?を確認しておく必要があると思います。(※現在日本で発売されている液体ミルクはまだ、アレルギー対応はされていません)

液体ミルクは、パパやおじいちゃんおばあちゃんでも、「ミルクを作る」ということなく、赤ちゃんにあげられます。ママの育児の軽減につなげながら、普段からの活用、各家庭での備蓄、その上で行政などでの備蓄が進むといいなと思っております。

様々なメディアで取り上げられました。

エリアブレインのWEB→https://inspire-hub-shinyuri.com/charms/6270.html?fbclid=IwAR3_GTRbT9BR-9-xIQEkZUhhccK7eQL3yGkJI7HNTUFeog-B5A8nXzV6mb0

タウンニュース→ https://www.townnews.co.jp/0205/2020/03/06/520370.html

神奈川新聞→ https://www.kanaloco.jp/article/entry-292381.html

東京新聞→ https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/202003/CK2020031002000115.html

LinkmamaをSNSでシェアしよう!