代表・永井和美◇フラワーアレンジメント

大学卒業後、六本木のゴトウフローリストや結婚式のブーケ制作など、花の世界で働きながらNFD(日本フラワーデザイン)の資格を取得しました。自分でスクールを始めて約10年が経ちます。その間に子供が生まれ、子連れの生徒さんも歓迎してきました。「子供連れでフラワーレッスンができて嬉しい」と、ご好評を頂きましたが、「保育をしてくれる人がいたらママ達がもっとレッスンに集中できるのに」「子供達も、ママのレッスンが終わるのを待つだけでなく、楽しい時間を過ごせたらいいな」、そんな事を思うようになりました。

我が子が小学生になり、ちょっとだけ私のほうが生徒さんよりも先輩ママになると、育児についての相談を受ける事も多くなりました。現代社会は、親元を離れ核家族で子供を育てているママが多いです。大家族に囲まれて子供を育てる環境は少なくなっています。こういった環境の中で一人で育児に悩みながら子育てをしているママは沢山います。

「ママ同士のコミュニティー」これが、子育て世代のママ達にはとっても重要だと思います。「なかなかオムツが取れない」「言葉が遅い」「泣いてばかりで赤ちゃんの気持ちが分からない」。過ぎてしまえば大した悩みでないことも、相談出来る相手がいないと、どんどん辛くなってしまいます。そんな時、「大丈夫、自分でオムツが気持ちが悪いと思うようになればトイレに行くようになるわよ」と、先輩ママに言ってもらえるだけで「焦らなくてもいいのね」と心がすっと楽になります。

「小さい子供がいてもママ達がリフレッシュできる場所」×「ママ同士のコミュニティーの場所」×「ママ達が活躍できる場所つくり」

これが、私がLinkmamaを立ち上げようと思ったきっかけでした。レッスンは、ただ単にリフレッシュで終わる事なく、将来的に職業として身につけられる講座もご用意しました。コニュニティーにおいては、生徒さん(マナビーmama)同士の他、Sitter mamaやTeach mamaにもレッスンやイベントを通じて育児についてもご相談頂けたらと思います。また、企業とタイアップすることにより、ママ達の活躍の場を広げています。

「子供がまだ小さいから」「小さい子供が3人いるから」などといった理由での、「出来ない」をママ達が力を合わせ仕組みを工夫することにより、「出来る」に変えていくのがリンクママです。

◇リンクママでは代表を務めると共に、これまで約6年間新百合ヶ丘でやってきた【花育】を、2019年4月から、栗平のcafe&space L.D.K でスタート。リンクママワークショップにもたまに出店します。また、シッターママとしても活動中。5年の男の子のママ。

profile

日本フラワーデザイン1級

花育アドバイザー

カラーコーディネーター

2012年

横浜高島屋にてクリスマスアレンジを販売

2013年~2015年

玉川高島屋にて母の日アレンジの販売

HP https://rinkaflower.jimdo.com/

Blog https://ameblo.jp/rinkaflower/

 

LinkmamaをSNSでシェアしよう!